中国でもiPhoneX予約が大爆発!!!でもiPhoneXが33万円のプレミア価格って!?

iPhoneXの予約が世界的にもりあがっているようです。

1年半中国でのシェアを減らしてきたiPhone

6四半期連続(1年半)でマイナスだったアップルの中国市場でのiPhoneセールスですが、大幅に巻き返す時が来たようです!
ここのところ安価な中国製アンドロイドスマホに押されてきたiPhone。iPhone6Sの頃まではわざわざ中国からバイヤーがやってきて、
日本人の行列に混じって大量のiPhoneを買い占めていったのが問題になっていましたが、その後、新型iPhoneが日本や欧米と同じ日に
発売されるようになってからは、パタっと熱気が冷めてしまったようです。

熱しやすく冷めやすい、極端なところが中国です。

2017年のiPhone最新機種、iPhoneX(アイフォンテン)の予約では、10月27日午後の予約開始からたった50分で、昨年のiPhone7の初日のセールスを越えてしまったそうです!

iPhoneXのプレミア価格は30万円

そんな大人気のiPhoneX。日本では考えにくいですが、アメリカでもすでにいくつかの販売店が1万円くらい(100ドル)上乗せしたプレミア価格で予約を受け付けて問題になっていますし、中国でもダフ屋のような業者が横行しており(日本だとヤフオクのようなものでしょうか)、Taobao(淘宝網)などでは、定価9,688元(16.52万円 日本よりだいぶ高いですね・・)のiPhoneXに、なんと19,700元 (33.60万円)もの値段がついてるそうです!でも、決してiPhoneXが予約開始日に手に入る、と言うわけではないと思うんですけどね。

 

アップルも既に

消費者のiPhoneXへのニーズは桁外れ。なるべく早く手元に届くよう精一杯の努力をしている

と言っています。

アップルのセールスは40%アップの見込み 旧機種値下げもプラス要因

2016年の第3四半期には800万台まで落ち込んだ中国でのiPhone出荷台数は、今四半期は40%増え、1100万台に達する見通しだとか。これはiPhone6S発売以来最高の中国市場でのセールスになる予想ですが、その原因は絶好調なiPhoneXの予約だけではなく、iPhone7やiPhoneSEなど旧機種の値下げも大きく貢献しているようです。ラインナップを増やすことで管理コストは増えるものの、トータルの売り上げやアンドロイドとの厳しいシェア争いでは優位に立てる、という戦略なんですね。

 

 

iPhoneXソフトバンク情報@橋本駅(八幡市)

関連記事一覧

iphone 8が発売された後も iphone 7の方が売れているという残念なニュース

10月の2週目ぐらいになってからですが 海外では iPhone8が発売された後も iPhone 7の方が売れている ということが話題になって...